10 月 13

開催中のラグビーW杯の話。
全く触れてませんでしたが、少しだけ。

チームJAPAN、最終アメリカ戦勝利おめでとうございます。
初戦の南アフリカ戦の逆転勝利、世紀の番狂わせから世界中に注目される大会でした。
プレッシャーがないはずはありません。同プールの対戦相手からもよほど警戒されていたはずです。
でも共に闘う仲間を、自分達のやってきた事を信じ、ひたむきにタックルを繰り返す姿にたくさんの感動と勇気を貰いました。前大会からの4年間、痛くて苦しい辛い練習をしてきたのが手に取るように解りました。
予選プール3勝1敗の好成績ながらも得失点差で予選敗退するというW杯史上初の悲劇のチームになりましたが、優勝候補の南アフリカを下した事は本当にすごい事です。(過去にW杯で南アフリカを破ったのはW杯で優勝経験のある国だけです。)

ラグビーW杯、海外では五輪やFIFAサッカーに次ぐ大きな規模の大会ですが、 国内ではマイナーなスポーツです。僕の周りでもまともに試合を見たことがない、ルールもさっぱり解らない。アメフトとの違いも解らないという人がたくさんいました。ここまでニュースやスポーツ番組でラグビーが取り上げらたことは過去になかったのです。本来、W杯開催期間中ぐらいは盛り上がるはずですが、ほぼ敗戦シーンしかない。(この24年間のうちに一回しか勝ったことがなかった。)
今回、社会現象とでもいうべきレベルで試合の模様が放映されてましたが、それだけ凄いことをやってのけたのです。国内より海外のメディアの方がこのニュースを大きく扱っているのはニュース等でご存知だと思います。 日本が初めて世界のラグビーシーンに追いついた、ようやく日が出った瞬間です。

チーム(組織)として人としての在り方はスポーツ界だけでなく企業戦略や子供の教育といった各方面にも多大な影響を与える事でしょう。 どうかこれがブームで終わらないように。継続することが大事です。

選手たちは帰国後、国内リーグ戦で活躍されます。 観客数が増えることがチームの強化に直結します。 よければ是非一度試合会場に足を運んで応援して下さい。 想像した以上に大きな選手たちが想像より速くグラウンドを駆ける姿を是非ご覧下さい!

次回4年後のW杯開催地は日本です。

試合を見てあんなに熱い気持ちになったたのは何年ぶりやったやろう。
日本の全てのラグビー関係者、経験者が同じ気持ちでいると思います。
今とにかくラガーマンと話がしたいのです。知らない人でもいいです!笑
思ってる事の10分の1も書けない自分がもどかしいですが。
本当にありがとう。そしてお疲れ様でした。

長文で申し訳ありません
夜中に書いてます、少しおかしなところもあるかも知れませんが(>_<)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

13日、21時~

NHK総合「ニュースウオッチ9」にて

ラグビー日本代表帰国
エディHC、マイケルリーチキャプテン、五郎丸選手が生出演予定です。
よければ是非!

written by tsuyoshi-inoue

1 月 13

もう日付変わりましたが昨日は「成人の日」でした。

自身が成人式に行ったのはもう何年前になるのでしょう。
友達だけはやたらと多かった井上は成人式の当日
仲良しメンバーが、がっつりと午前と午後の部で二分されてしまって
自分はどっちに出席しようかと前日まで悩みまくって
結局、午前と午後の両方の式に出席したというエピソードがあります。(´Д` )
今だに友達にネタにされてますが。

当時、もうすっかり自分は大人になってしまった。などと思ってましたが
今から思うと図体だけデカい、背伸びしたい盛りのお子ちゃまでした。

会社勤めしてる時は
25歳の先輩を見て、と~ても大人の人に感じてました。

今では25歳のスタッフと接してても、こいつ若いなぁと。
いや、羨ましいなぁと‥。

今日、仕事の休憩時間に、自分が二十歳に戻れるなら一体何をする?
そんな話を延々しておりました。笑

そして家に帰ってから二十歳の頃の写真を
ゴソゴソ引っ張り出しました。

海や川に、釣りに泳ぎに行くのが好きでした。
88562-350x262

これみよがしのネックレス。デカ過ぎますね。今では無理で~す(´Д` )
88564-350x262

きっとスノボ帰りに撮った一枚。昔からラーメン好きです(^^)
88567-350x262

社員旅行で韓国へ、南大門市場の屋台だと思います。
88566-233x350
今のように携帯電話にカメラ機能なんて無く
カメラを持ち歩くこともないので、人から頂いた写真ばかりでした。笑
本当に懐かくて、昔の人に連絡を取りたくなりました。

なんだか写真を見てて
明日、起きたら二十歳になってて欲しいなぁ。と思ったりもしたけど
これまで出会った沢山の人と、もしか会えなくなってしまうのは嫌だなぁ。

でも、会わなくてよかったなぁって人も何人かいるなぁ。

なんでしょう、この文章は。
本当に何も成長してません(;▽;)
こんな井上ですが、今後ともどうぞよろしくお願いします。

written by tsuyoshi-inoue