9 月 26

本日めでたく41歳の誕生日を迎えました。

とにかく健康で丈夫に育ててくれた両親と

支えてくれる家族、笑顔をくれる仲間

僕を取り巻く全ての人や事柄に感謝する一年にします。

たくさんの出会いに恵まれる

良い(41)一年になりますように

これからも一歩一歩踏みしめて

まっすぐに突き進んで行こうと思います。

よ~い(41)、どん!

1537944051343

好スタートが切れますように(^_^)ノ

これからもどうぞ宜しくお願い致します!

written by tsuyoshi-inoue

7 月 19

今日の京都の最高気温です。

39.8℃…(^^;)

命に関わる危険な暑さだそうです。

観測地がどこか解らないけど、街中はもっと気温高いと思う。

dsc_121701

明日は散策ツアー。

参加者の負担が少ないように歩きますね。

written by tsuyoshi-inoue

7 月 18

このあいだの15日の日曜日(三連休の真ん中)

38℃の炎天下の中、万博公園フリーマーケットに出店しました。もちろん恐ろしい日差しでした(T_T)

Tシャツ焼けするのはイヤやなぁと売り物のタンクトップ着てたら、予想だにしないレベルの変な焼け跡になりました(>_<)

しかも暑すぎてお客さん全然こないという(笑)

こんな変な後ろ姿になりました。

1531904493730

猛暑日しばらく続きます。

というか、夏はまたまだこれから!

皆さんご注意下さいますように。

written by tsuyoshi-inoue

6 月 22

とても久しぶりの散策ツアーでした。

今日は真夏日の32℃。

暑い中のご参加をありがとうございました!

dsc_1064

先日東京に行った時に久しぶりに会った

姪っ子が書いてくれた僕の似顔絵です。

井上は右目に比べ左目が少し大きいのと

髪の毛が少し立ち上がってるのもちゃんと

表現してくれたのでしょうか?

可愛すぎて買い被り?笑

しかし冗談抜きで

家族連れのお客さんを見ているとお子さんたちはこんな所を見てるんだ。こんな所に気付くんだ。と繊細で高感度なアンテナ、考察力にビックリする時が多々あります。

dsc_102501

ちなみに

親戚一同が僕のことをツヨポンと呼ぶのですが

この子はポンポンと呼んでくれます。

二歳半のナギー(なぎさ)ちゃん笑

またポンポンおじちゃんと遊んでね~!

written by tsuyoshi-inoue

6 月 19

この場を借りて皆様へ

備えあれば。。。 ぜひお読み下さい

以下、知人から頂いたメッセージです。

原文まま

、、、、、、、、、、

こんな回覧が来たので、送ります。


以下、大切な方々と共有してください。

長文ですが回覧します。

防災コンサルタントからのアドバイスです。



今後の地震には十分に注意してください。

熊本地震は翌日が本震でした。

東日本大震災でも2日前に震度6弱の地震が起こっています。


具体的には


外出中の方

落下物や倒壊の可能性がある場所には近づかないでください。

人の多い場所は混乱の恐れがあるのでなるべく避けてください。特に駅は(運行再開が気になるとは思いますが)避けてください。


家にいる方

断水を見越して、鍋、やかん、風呂などに水をためておいてください。

備蓄食料が十分でなければ早めに購入しておいてください。南海トラフでは1週間分備蓄することが求められています。

高所にあり落下すると危険そうな物は床に下ろす等の対応をしてください。


ガスの元栓も十分に注意して下さい


今回の地震ですが

横ずれ断層形の地震らしく東日本大震災、熊本大震災と同じようです。

今回の地震が余震の可能性が大らしく、48時間以内に本地震来る可能性が非常に高いみたいなので、

これからが1番気をつけないと報告がありました。

皆様くれぐれもお気つけくださいませ。


【明日も警戒】

東日本大震災(2011)

3月9日 11:45 Mw7.3 震度5弱

3月10日 6:23 Mw6.4 震度4

3月11日 14:46 Mw9.0 震度7 ←本震

熊本地震(2016)

4月14日 21:26 Mw6.5 震度7

4月14日 22:07 Mw5.8 震度6弱

4月15日 0:03 Mw6.4 震度6強

4月16日 1:25 Mw7.3 震度7 ←本震

大阪地震(仮)(2018)

6月18日 7:58 Mw6.1 震度6弱

しばらくは警戒が必要かと思います。


気をつけましょう。

、、、、、、、、、、

以上です。

東日本や熊本と同じようにか、数日後か

はたまた数週間後か、もしかしたら何も起こらないかも知れません。

でも、もしその時が来てしまったら。

事前に意識をする、知識を持つ、準備をすることで

100の被害を70、50、30に減らすことは出来ると思うのです。

もう日本のどこにいても常に意識を持たないとなりません。不安を煽るような事を書いているのかも知れませんが、地震で被害に遭われた方は、その日に自分がそんな事になると誰一人思ってなかったのです。

何も起こらない事を祈っております。

written by tsuyoshi-inoue

2 月 26

長々と書いてます。

どうか時間に余裕がある時に。笑

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

2018年1月末、以前に勤めていたホテルが閉館しました。

倒産ではありません、くれぐれも。

観光都市京都の中でトップレベルの立地と知名度、そして歴史も格式もあるホテルです。

宿泊も宴会もレストランも当然それなりの数字があります。

建物が今の耐震基準に満たなくなったのです。


高卒で入社して七年勤めて、いろんな部署でいろんな経験をさせてもらいました。


最初は和食レストラン(一年)

女性しかいない店に男は自分一人。

かと思うと、どこからか包丁が飛んで来そうな、いつか殺人現場を目の当たりにするのではと思うぐらい怖かった野生味溢れる厨房のオジサマ達。

右も左も解らないクソガキをとことんシゴいてくれました。

皆さん元気かな。

ここ数年その和食の皆様とは誰一人会えてない。また会いたいです。


宴会サービス(一年)

宴会場での朝食は朝六時出勤の七時オープン。

冬はまだ真っ暗の中、何十個も鍵がぶら下がった板を持って、宴会場を開けて廻るのがめちゃくちゃ怖くて本当に嫌でした。全く慣れなかった笑

それから昼に婚礼、ドンデンしてまた婚礼。

厳しかったけど楽しかったのは一番従業員の多い部署で社員以外に配膳会社が何社か入っていたり、直のバイトがいたり、忙しい週末は他部署からも数人ヘルプに来たりと、いろんな人と交流が持てたから。そして、そこの先輩達が本当に素晴らしい人ばかりやったから。


婚礼で新郎新婦の入場時、心温まる友人のスピーチ余興、両親への手紙、新郎の最後の挨拶を聞いては他人の披露宴なのに仕事しながら感動してた。

従業員まで泣きそうになるほどのいい披露宴は決してお金をかけて作られたモノではなく、本当に心からお祝いしようとしてくれる真の友人がいるかいないか。それだけだった気がする。


中華レストラン(一年)

「中国四川料理 清華」とにかく料理が美味しすぎた。全社員がプライベートで一番利用してたレストランだと思う。中でも絶品は雲白肉、担々麺、麻婆豆腐。杏仁豆腐も良かったなぁ。

中華料理を食べに行くと、ついあの店のあの味と比べてしまう自分がいる。途中で閉店したのが残念でした。


宿泊部ベル(三年)

一番長かった部署。ほぼ夜勤でした。

24時間、宿泊ゲストのお世話をします。いろんな事がありました。

繁華街で真夜中にホテルに訪れる人はいろんな人がいる。主にお客さん以外の話でね。

無断駐車とかなんやかんやとそんなのは可愛い話で。。いろいろ怖い話もありました。いろんな意味で。

夕方から朝まで(18時間ほど)一回出勤すると二日分働くので月に10回出勤するだけやった。

夜勤明けはしょっちゅうパチンコ屋へ。二年ぐらいハマってて、社員旅行に行っても滞在先でパチンコ屋へ行くと言う病気レベルでした。。(T_T)


宿泊部フロント(一年)

一番大変やったと思う。朝チェックアウトの数時間で数十万円の現金を扱うフロントの会計の締めで、一円合わなくて何時間も帰れない。いろんな可能性を連帯責任で調べて調べて。。

それがいいのか悪いのかは別問題で、それほど仕事に厳しい環境でした。フロントの仕事はもっと難しい事が沢山あって自分は比較的イージーな仕事しかしてないけど、それでも毎日必死やった。外資系になってからパソコンも領収書も全部英語やし憶えるの大変やったな。

毎日、先輩に助けて貰ってばかりでした。


今回ホテルが無くなる事で、逆に

ホテルが無くならなければもう一生会わなかったかも知れない上司や先輩と再び顔を合わせる事が出来たし、当時一緒に仕事してない期間の被ってない初対面の方とも繋がりが出来た。

これはとても意味のある事。


45年の歴史の中で

どれだけ沢山の出会いを生んできたのでしょう。

どれほど沢山の人に愛されてきたのでしょう。

ここで働いていた事を本当に誇りに思います。

出会った人、学んだ仕事は一生の財産です。

これからも大事にしたいと思います。
何十年も働いてはる現役の方もいるし、その方達に比べると勤続七年なんてかなり短い期間でしたが
自分にとっては人生の基盤、原点となるとても充実した大きな大きな七年でした。

自分がいうのはとてもおこがましいけど、長い間お疲れ様でした。

ありがとうございました。
dsc_1362dsc_1167dsc_1162dsc_1371dsc_1359dsc_1379dsc_1378

written by tsuyoshi-inoue

12 月 31

今年も残すところ後数時間となりました。
2017年、皆様にとってどんな一年だったでしょうか?

井上は40代になり、いよいよ人生の半分を折り返しました。
正直、笑顔の溢れる一年ではなかったかも知れません。
でも今の苦労はすべて未来の自分の為の時間。
意味のない試練は与えられない筈です。

自分が成長することが
いつも暖かく見守って下さる皆様への一番の恩返しになると思って
これからも精進して参りたいと思います。

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。


1月映画村勤務予定
()シネマスタジオライブ
()寺子屋
()ちゃんばら辻指南 司会
()ちゃんばら辻指南 岡田以蔵役
13(
)寺子屋
14(
)シネマスタジオライブ
23(
)散策ツアー
26(
)シネマスタジオライブ
27(
)ちゃんばら辻指南 近藤勇役
29(
)散策ツアー
30(
)ちゃんばら辻指南 司会

written by tsuyoshi-inoue

11 月 25

今日はシネマスタジオライブの後
特別ナイター「江戸酒場」でした。

浪人バーにておもてなしを、そしてちゃんばらショーに出演しておりました。
たくさんのご来場ありがとうございました。

江戸酒場は明日26日もあります。
ご来場されるお客様は浪人バーへぜひ!
ちゃんばらショーもどうぞご覧下さいませ。

井上のいる浪人バーは「松井酒造」さん提供のお店
マスターは堀田貴裕さん

1511629358481

静かで上品な雰囲気でお待ちしております。笑

※H さん、お写真ありがとうございました。

12月映画村勤務予定表
1(
)散策ツアー
15(
)寺子屋
16(
)ちゃんばら辻指南 近藤勇役
19(
)散策ツアー
21(
)シネマスタジオライブ
22(
)ちゃんばら辻指南  司会
30(
)寺子屋

今月も勤務日少ないですが、是非遊びにいらしてください

いよいよ職探ししないといけないなぁ。
どこかでいい浪人バー知りませんか。笑

written by tsuyoshi-inoue

11 月 04

井上、見かけによらず「ものもち」と言うのがとてもいいんです。

物によっては長く持たないものもありますが、基本的になんでもポイポイ捨てる事が出来ません。

綺麗な柄、珍しい柄の買い物袋をついつい貯め込みます。ほぼ使う時は来ない(T_T)

婚礼で引出物と一緒に持って帰る酒升やコース料理の献立や新郎新婦との関係が書かれた座席表、記念のものやからと貯め込みます。悪用はしませんよ~!(>_<)

お土産で貰った置物。無理やり置いてます。 なかなか捨てれない。これは困る時もある(^^;)笑

年に数回、衣変えの時に掃除を兼ねて断捨離を行うのですが、いつも必要最低限のモノしか置いてないホテルのようなシンプルな部屋に出来ればなぁと常々思っております。無理ですが。。笑

と、随分と前置きが長くなりましたが。

高校生の時から使っていたお茶碗が先日洗ってる時に割れてしまいました。

スポンジでこすってる時にパキン!と。。


少なくとも22年間は使っていました。

小さい時から魚が好きで、魚の柄を選んで買って貰ったのです。

ちょうど食べ盛りの時(クルクル寿司で20皿以上ペロリと食べてた。)で、何回もおかわりしなくていいようにと特大サイズで直径18センチもありました。笑

これに何回ご飯をよそい、どれだけご飯を食べたんやろうなぁ。

おかげでとても頑丈で大きな身体になりました。

もう同じモノは絶対売ってないやろなぁ。

大きいのに薄くて軽くて持ちやすかった!

割れる時も破片も出さず、キレイに三つに割れてくれた。

割れなければ一生使ってたと思います。

次の茶碗はいくつになるまで一緒かなぁ。

ありがとう、おさかな茶碗。

dsc_05830101


written by tsuyoshi-inoue

10 月 13

先日、お客様から頂いたコメントへのお返しです。

日々たくさんコメントを下さる皆様への感謝の心、

こちらに綴らせて頂きます。

~~~~~

日によって気持ちをストレートに書いたり、オブラートに包んだりで、どの日記の事かは解りませんが人様にそこまで思って頂けるような立派な、ある意味エラそうな事を書いてしまっていたのかとドギマギしております(>_<)

10代の感受性豊かな頃、毎日何かに思い悩むそんな時期がありました。
そんな時に感動、勇気を与えて貰ったのが映画、ドラマであり音楽でありエンターテイメントの世界でした。
ホテルに勤めながらも、自分もいつか人に感動や勇気を与えられるような、そんな人間になりたいとこの世界に入り15年、今は逆に毎日ショーをご覧頂いたお客さんの笑顔に元気を頂き、明日への活力とさせて頂くというまさかの逆転現象が起こっている始末です(T_T)

しかし、悩みながらもそこにいれるのは、このように自分の存在意義がわずかにでもあるんだと認識させて頂ける瞬間があるからに他なりません。

不器用、未熟でうだつの上がらない役者ではありますが
ご来村頂いたご家族がお家で晩御飯食べる時に映画村での出来事をお話して下さったり、寝る前につい思い出し笑いして貰えるような、そんなショーを作って行きたいです。

頂いた温かいお言葉に奢ることなく今後の励みとさせて頂きさらに精進したいと思います。
今後もブログ共々温かく見守って頂ければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

written by tsuyoshi-inoue